福島こども力プロジェクト理念

自分で、みんなで力をあわせて
未来をつくることができる。
福島の復興を担う、人材の「基礎」を
地域とともに育てていきたい。

そのために必要な力。

未来や自分の気持ちを表現する力
未来をみんなで協創する力
未来に向けて行動する力

福島こども力プロジェクトは、
この3つの力を伸ばすプログラムを、
地域や福島の復興に強い思いを持った人たちと
一緒に作り上げていく活動です。

福島こども力プロジェクトは、
この3つの力を伸ばすプログラムを、
地域や福島の復興に強い思いをもった人たちと 一緒に作り上げていく活動です。

国立青少年教育振興機構では、この理念に賛同し、外遊びやキャンプなどの体験を通して子供たちがたくましく生きていくための力を育てるプログラム「ふみだす探検隊」を平成25年度から提供してきました。また、平成27年度は1年間の中で9回の様々なテーマに挑戦するプログラム「福島こども未来塾」を開設し提供してきました。
今年、震災から5年という節目の年を迎えました。国立青少年機構振興機構ではこの5年を一区切りととらえ、「ふみだす探検隊」事業は平成27年度で終了することとしました。これまでご参加いただいた子供たち、ご協力いただいた保護者の皆様には、改めて深く感謝申し上げます。ありがとうございました。
「福島こども未来塾」については、今年度も7月から継続開催しています。

国立青少年教育振興機構は、これからもがんばる福島の子供たちを応援し続けます。

福島こども未来塾

子供たちの学びと育ちを幅広い分野を通じて支援し、将来の福島を担う人材を育成していく、「福島こども力プロジェクト」。「福島こども未来塾」は、1年間を通じ9つの様々なテーマに仲間と一緒に挑戦し、「こども力」を高めていくプログラムです。
福島のこと、自分のこと、社会のことを知り、改めて福島のことについて考え、1年間を通して得たものを発表します。